九十九研究所@企業コレクション〜じゅげむ本店

〜企業コレクターの情報ストックブログ〜
<< 親会社同士の譲り合いっこで揺れるお子様の行き先について | main | 日本経団連次期会長にキヤノン社長の御手洗氏 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
楽天、TBS筆頭株主に 15−16%取得 業務提携申し入れ
 阪神問題で沢山の人が騒がれているみたいですが、私はこっちの方も気になりますね。前から言われていた件ですね。まあ、下記記事の保有率がこの数字で合っているのか分りませんが。
 TBSの株式は、東京・赤坂の一等地にある本社や大手企業の株式などの優良資産を大量に保有しているのに相対的に安いとされていたうえ、安定した大株主がいないため買収の標的になりやすいとの指摘が出ている件は市場では有名。楽天自体はチャンスとみたのか元通産官僚の村上世彰氏が率いる投資ファンド(村上ファンド)がTBS株を大量に買い進めているとの見方が広がり、九月中旬からTBSの株価は急騰しているところから東証の立会時間外に行う大口売買などを通じて大量のTBS株を取得するチャンスがあったことから、放送事業に参入する絶好のタイミングと判断し、株式取得に伴う業務・資本提携の提案に踏み切ったものとみられるとあるがこれはライブドアと同じ手法だと思われる。

 楽天手中にベイスターズとイーグルスが傘下に治まるいびつな資本体系になりそうな予感。私が懸念しているのは、楽天自体がどこからキャッシュを調達するのかが気になります。あんのお金。提携企業先から思わぬ援軍てな事もあり得るかも知れない気がしますよくわかりませんが。

 これでホリエモンと同じ叩かれ方しない方向で各業界の御歴々が動かなければそれはそれで大笑いするのですが。この件も目が離せない件ですなぁ。




楽天、TBS筆頭株主に 15−16%取得 業務提携申し入れ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051013-00000000-san-bus_all

3割出資要求

 楽天がTBSの発行済み株式の15−16%程度を取得して筆頭株主となり、同社に提携を申し入れていることが十二日、明らかになった。楽天はブログやネット取引と放送の融合を進める新規事業を共同で構築するとともに、経営参加も可能となるように増資などを通じてTBSへの出資比率を三割程度に高めることを求めているとみられる。TBSは今年春から第三者割当増資などを通じて安定株主を増やす企業防衛策を積極的に展開してきたが、経営参加も視野に入れた楽天の要求には警戒感を強めている。

 関係者によると、楽天は先週末までに、TBSに対して、放送と通信を融合させた新たな番組作りなどIT(情報技術)関連事業での提携を申し入れたもようだ。その際に楽天は発行済み株式の30%程度まで出資比率を引き上げたいとの希望を伝えたという。

 安定株主が少ないTBSにとって、15%超の株式を保有する楽天は、経営に大きな影響力を持つ存在に浮上した。仮に三分の一超の株式を取得した場合、株主総会で合併など経営上の重要事項に拒否権を行使できるなど、実質的に経営権を左右する立場になる。

 このため、TBSでは、出資比率引き上げを求める楽天の申し出に難色を示しているが、すでに大量の株式を取得されていることから対応に苦慮しており、十二日午後には井上弘社長が放送事業を管轄する麻生太郎総務相と面会。井上社長は会談の目的を明らかにしなかったが、今後の対応を相談したものとみられる。

 TBSの株式は、東京・赤坂の一等地にある本社や大手企業の株式などの優良資産を大量に保有しているのに相対的に安いとされていたうえ、安定した大株主がいないため買収の標的になりやすいとの指摘が出ていた。

 TBSでも浮動株の多い株主構成に危機感を強めており、今年五月には、買収防衛策として、敵対的買収の対象となった場合に、最大八百億円規模の第三者割当増資を実行できる新株予約権を日興プリンシパル・インベストメンツに発行。さらに、九月中旬には安定株主確保を狙い、電通、ビックカメラ、三井物産、毎日放送を引受先とする総額二百六億円の第三者割当増資を実施して資本増強を図った。

 だが、市場では、阪神電気鉄道の株式を大量取得して注目される元通産官僚の村上世彰氏が率いる投資ファンド(村上ファンド)がTBS株を大量に買い進めているとの見方が広がり、九月中旬からTBSの株価は急騰している。

 一方、楽天の三木谷浩史社長は、インターネットに比べて影響力がケタ違いに大きい地上波放送に強い関心を持ち続けており、平成十三年にはUSENと合弁でネット映像配信を手がける「ショウタイム」を設立。また、ライブドアによるニッポン放送株大量取得の際には、楽天とフジテレビの経営統合まで言及するなど、放送事業参入に意欲的だった。

 フジとライブドアの和解後、三木谷社長は「いろいろな放送局と等距離外交をする」として、特定の放送局との提携強化は否定していた。だが、東京証券取引所の立会時間外に行う大口売買などを通じて大量のTBS株を取得するチャンスがあったことから、放送事業に参入する絶好のタイミングと判断し、株式取得に伴う業務・資本提携の提案に踏み切ったものとみられる。

     ◇

 《TBSの資産と株主構成》 平成17年3月期の連結売上高は3017億円で、フジテレビ、日本テレビ放送網に次ぐ民放大手。最近の株価急騰で時価総額は6136億円(12日現在)に膨らんだが、それでも「買収されやすい企業」という指摘を受けるのは、多くの優良資産を保有する一方で、安定株主が少ないためだ。

 主な資産をみると、現預金(520億円)、半導体・液晶製造装置大手、東京エレクトロンの株式など投資有価証券(1316億円)、港区赤坂や横浜の一等地などが目立つ。また、9月中旬に電通、ビックカメラ、三井物産、毎日放送の4社に対する第三者割当増資を実施した結果、安定株主の比率は約17%に上昇した。だが、企業年金などを運用するファンドの保有分が依然として多く、値段次第で売却に応じそうな株主の比率が高い。

(産経新聞) - 10月13日2時33分更新

※この考察記事はアメブロ本店からの転記記事です。
http://ameblo.jp/tukumo-k-type/entry-10005094895.html

| 時事・ニュース | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tukumo.jugem.jp/trackback/15
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Google
LINKS
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
投資苑2 トレーディングルームにようこそ
投資苑2 トレーディングルームにようこそ (JUGEMレビュー »)
アレキサンダー・エルダー, 長尾 慎太郎, 山中 和彦
RECOMMEND
投資苑 − 心理・戦略・資金管理
投資苑 − 心理・戦略・資金管理 (JUGEMレビュー »)
アレキサンダー エルダー, 福井  強, Dr. Alexander Elder
RECOMMEND
RECOMMEND
億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術
億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術 (JUGEMレビュー »)
メアリー バフェット, デビッド クラーク, Mary Buffett, David Clark, 井手 正介, 中熊 靖和
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK