九十九研究所@企業コレクション〜じゅげむ本店

〜企業コレクターの情報ストックブログ〜
<< 札幌の2級建築士、33棟の偽装認める 市、5棟で確認 | main | 民主・起き上がり小法師で激励のはずが…起きあがらない!? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
北米向けカムリの約1/4を富士重が生産
http://www.drivingfuture.com/auto/toyota/u3eqp30000006gnu.php
2005年10月に業務提携を発表したトヨタ自動車と富士重工業は、このたび富士重の北米工場で、トヨタの主力車種カムリの生産を開始すると発表した。具体的には、2007年春頃からインディアナ州にある富士重の生産拠点SIA(Subaru of Indiana Automotive, Inc)で、北米向けカムリを年間10万台規模で生産する。

SIAは約16年前からスバル車の北米向けモデルの生産を開始し、現在はB9トライベッカ、レガシィ、アウトバック、バハなどを年間約12万台ほど生産している(生産能力は約20万台)。ふたつある生産ラインは、今後はひとつがスバル車用、もうひとつがカムリ用に割り当てられる。今回のカムリの生産開始にあたり、富士重は2.3億ドル(約270億円)を投資、新規に約1000人を雇用し、総生産能力を年間24万台に引き上げる。一方、トヨタにとっては、SIAでの10万台の増産が加わると、2008年には乗用車とトラックを合わせた北米現地生産台数が200万台に増える見通しとなる。

北米向けカムリの生産は、これまでケンタッキー州にあるトヨタの工場で行われていた。カムリは82年に北米で販売がスタートし、北米だけで累計650万台を販売、過去9年間に8度も北米ベストセラーの座に輝くなど、人気モデルとなっている。ケンタッキー工場におけるカムリの年間生産台数は03年が約36万台、04年が約39万台。さらに今年1月のデトロイトショーでは、ニューモデルが発表され、新たにハイブリッド車が設定されるなど、さらなる販売の伸びが期待されている。単純計算すると、今度はカムリの生産の約1/4を富士重が受け持つことになる。

富士重のトヨタ車の生産委託に際し、富士重は今後約100名の技術者をトヨタに派遣することを想定。2月1日からすでに約20名がトヨタに出向し、トヨタ車両の開発に携わっているという。さらに今後は、トヨタのハイブリッドシステムをベースとしたスバル車の開発なども計画されている。

=======================================================

スケジュール通りの生産計画を実施した内容。プレス向けの内容もお決まりの内容である。カムリを選択してきたのも、まあ順当な内容。

親が同じ国の人間であることの安堵感と弛緩がこの内容には漂っている。

富士重にとってみれば渡りに船で、泥沼の親外資の手離れのよさで、間一髪救われたが、軽専売メーカーに近いもうひとつの子会社は、しがみ付く様相を呈している。

すでにかなりの部分まで介入している内容であるがゆえに、親側の手離れのよさが逆に子飼の困惑を呼んでいるのは、皆さんもご承知であろうから多くは語らないが、親に翻弄された両者の雲泥の差が開きつつある状況で、今回の内容が凶と出るか吉と出るか、竹中氏の手腕にかかってくるであろうし、外資で見せた実直な忠誠心で親を喜ばせていただけるであろうと考えている。


=======================================================

■関連記事(豊田、富士重工関連)  
トヨタ、10万台生産委託へ 富士重米工場で07年以降
【決算】販売不調が響き富士重工業は減収,1000人規模の人員削減案も発表
親会社同士の譲り合いっこで揺れるお子様の行き先について(アメブロ本店)
親会社同士の譲り合いっこで揺れるお子様の行き先について(当店)
| 時事・ニュース | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tukumo.jugem.jp/trackback/160
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Google
LINKS
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
投資苑2 トレーディングルームにようこそ
投資苑2 トレーディングルームにようこそ (JUGEMレビュー »)
アレキサンダー・エルダー, 長尾 慎太郎, 山中 和彦
RECOMMEND
投資苑 − 心理・戦略・資金管理
投資苑 − 心理・戦略・資金管理 (JUGEMレビュー »)
アレキサンダー エルダー, 福井  強, Dr. Alexander Elder
RECOMMEND
RECOMMEND
億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術
億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術 (JUGEMレビュー »)
メアリー バフェット, デビッド クラーク, Mary Buffett, David Clark, 井手 正介, 中熊 靖和
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK