九十九研究所@企業コレクション〜じゅげむ本店

〜企業コレクターの情報ストックブログ〜
<< 成人識別機能付きたばこ自販機、全国に順次導入――たばこ協など、2008年から。 | main | 裏コミュニケーション術 「コールドリーディングとは」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
ビジネス書籍に関する内容について考えてみるテスト投稿
 ここの人がここら辺でおもしろい記事を発見しコメントさせて頂いたので少し考えてみようと思う。
 結論から言うと全てを理解する事はない。曖昧さを許容する事が大事であると考えている。一回憶え、全てを忘れ自己の中で組み立て直し、足らないところはビジネス書で補強するのが良いと考えている。

 一般的にビジネス書を購読して実践する人はほんの一握りであるという事実は否定できないであろう。ビジネス書に関し求めているのは自己で足らないスキルや自己願望や欲求から機縁していると思う。

 私はどんな理由であろうと実践しようとしまいと買って購読しようとする姿勢を買いたい。実用書は(下記ビジネス書であるが実用としておく)童話や物語や推理小説を読んだりするのとは次元自体相違すると考えている。

 よく理屈通り著作自体が完結しないと文句を言う人々(構成や技巧に酔いしれる人々)がいるのが散見される。それを実用書で。

 実用書とは著作自身の実践や理論の結果の知識体系であり、それを自己に当てはめて現場でどこまで実践できるかを問う入門書であるからだ。

 であるので全てが全て現場で実用書通りには行く訳はない。

 その事実を認識して、どこまで自己成長や実務においてヒントになるかを図る指標であると考えている。

 私自身の実用書の見方は、購読する側というよりもより売り手側の戦略面についてどこまで、出し惜しみ無く情報を提供しているのか、セミナーや講習会での内容と比べどこで線引きしているか、著者自身の著作の中での特徴的な文体や仕掛けを考察したり、何故名声を博しているのか、何故世間や一部の贔屓筋(ファンや信者)から受け入れられ、その著書自体がマーケットで活況を博しているのかその指標の為に購買しているのと、おもしろい文体もしくは自己の説得や推敲や議論の技巧を磨く為とか、著者自身の訴えたいもの、どんなにつまらまいものや構成や文体が稚拙なものでも、(私自身は童話や物語や推理小説は興味が無いのでこの際除く)世間でいくらかの支持や名声やキラリと光る一説や著者自身はあまり好ましくない時もあるがこの箇所は使えると思える内容がどの著作にもあるはずである。

(元々自己が選書しているので外れる事はあまり考えないと仮定して)

 つまり、どんな理由であれ選書し購買する行為を否定する事は自己を後悔し否定する事になるので自己でしっかりと選び出し、よく吟味し、正しく投資すれば自己に何倍も跳ね返るはずであるので時間はかかるであろうが、あらゆる面で活きてくると私は考えている。

 尚、この人この人のところで議論を展開しているのを久々に散見したが、読む行為で苦労とか構成や著作の理解に乏しいとか時間が無いとか言っていましたが何も本に求めるのは"読む"という行為だけとの認識で議論をしているみたいなのでちょっと噴出しそうになったが、私は読むという行為と言うより"聴く"という行為にシフトしている段階なので上記の考えもあまり思い浮かばないし、読んでも自己において必要なところしか読まないし、足らないところは後で補充すればいいと考えているし、実用書やその情報で大事な要素の一つに"こういった内容がどの書籍やネットのどこら辺に書かれていたなチェックしてみよう"とする検索能力(下記にリンク)を高めたり、自ら置かれた状況をどう解決し、利用しノウハウを使い切るかを磨いた方が良いと思うし、実用書の血肉化は現場でいくらでも応用可能だし、実際現場に出た結果自分流と著作の理論との比較で自己のやり方で一定以上の効果が出れば自分流を実践すればよいわけで、先入観を無くし少し間合いを取って引いて見る事が大事だし、実用書を一言一句小難しく理解したり考えるだけ時間の無駄なんでですけどね。

まあ、気楽にいきましょうね(`・ω・)v ィェィ

■ 参考情報 発想の転換 "読む"から"聴く"へ
週末起業コンサルタント 藤井孝一氏のビジネス選書

| 考察/ブログ | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tukumo.jugem.jp/trackback/26
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Google
LINKS
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
投資苑2 トレーディングルームにようこそ
投資苑2 トレーディングルームにようこそ (JUGEMレビュー »)
アレキサンダー・エルダー, 長尾 慎太郎, 山中 和彦
RECOMMEND
投資苑 − 心理・戦略・資金管理
投資苑 − 心理・戦略・資金管理 (JUGEMレビュー »)
アレキサンダー エルダー, 福井  強, Dr. Alexander Elder
RECOMMEND
RECOMMEND
億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術
億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術 (JUGEMレビュー »)
メアリー バフェット, デビッド クラーク, Mary Buffett, David Clark, 井手 正介, 中熊 靖和
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK