九十九研究所@企業コレクション〜じゅげむ本店

〜企業コレクターの情報ストックブログ〜
<< WSJ-”日本のビッグスリー”に投資家の関心 | main | 独BMWの第3・四半期決算は16.9%減益、通期見通しは据え置き >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
三菱自“倒産回避”で株価急騰
http://www.fresheye.com/news/biz/20051103100000_gn_bz02022599.html
 見てて噴出しそうになったのだが、明るい材料と好感されているようだ。内訳を精査するとまったくといっていいほど体質の改善が図られていない。私が懸念する事は、業績が回復し、市場に製品が出回ったとしても、安全性や企業モラルの問題を引きずったまま利益を拡大することだ。

 下記の材料は利益の源泉とはほど遠いが、今の推移から見てじわじわと値があがるのではないかと思う。普通車と軽自動車を合わせた販売台数は、前年同期比12%増の10万7421台とプラスに転じているらしいが今までが惨憺たる結果であったので当然といえば当然の結果といえる。ダイムラー系列の小型車「スマート」が07年に発売する2人乗り小型車に搭載し、年間数万基程度を出荷との内容も企業の規模から言えば当然あってしかるべき案件であろう。

 ”2年5カ月ぶりの新製品となるスポーツ多目的車(SUV)の『アウトランダー』の量産に加え、小型乗用車『ランサー』の輸出が好調で、工場にも活気が出てきた。岡崎工場の閉鎖も見直すことになりそうだ”との見解らしいが、いつか来た道を彷彿させSUVと過去の遺産で食べているのも経営再建途上でこれだけの材料しか用意出来なかった企業もどうかと思う。私は今回の短絡的な好材料は、好材料とも考えていない。もうすぐ決算だが、DCXとの関係が気になるところ。慎重に提携を見るべきでしょうね。

 この企業は慢心を極めれば、基本的に外ズラだけ良さそうに見せ不都合な部分は隠避する体質なので株価の上昇につられて参戦する事は自己責任であるので何も言わないが、本質を良く見極めなければこの企業ほど危険なところはない。 

 私は、こう考えてみたが、あなたならこの件をどう捉えるであろうか。


■ 以下記事

【ゲンダイネット 11月3日 10時00分】

 先週、三菱自動車の株価が年初来高値の286円をつけた。三菱自は04年4月に独ダイムラークライスラーに資本提携を打ち切られ、三菱グループの支援を受けながら経営再建を進めている。リコール隠しの影響で長く低迷していた国内販売も、ようやく回復してきた。

05年度上期(4―9月)の普通車と軽自動車を合わせた販売台数は、前年同期比12%増の10万7421台とプラスに転じている。

 さらに三菱自が開発した軽自動車向け新型エンジンを、06年にもダイムラーに供給することが決定。ダイムラー系列の小型車「スマート」が07年に発売する2人乗り小型車に搭載し、年間数万基程度を出荷する。こうした明るい材料に加えて一連の不祥事騒動も沈静化し、「悪材料が出尽くした」(証券アナリスト)こともあり、株価が上昇しているのだ。

「2年5カ月ぶりの新製品となるスポーツ多目的車(SUV)の『アウトランダー』の量産に加え、小型乗用車『ランサー』の輸出が好調で、工場にも活気が出てきた。岡崎工場の閉鎖も見直すことになりそうだ」と、三菱自関係者の表情も明るい。

「不祥事続きの中で堅実に売れた軽自動車でも、06年初めに新型車『アイ』を投入する。これから本格的な巻き返しだ」と、闘志を燃やす。益子修社長も「下期は営業黒字化を目指す」と、ブチ上げた。

「不安要素は残るが、一時の倒産危機は回避できたのではないか」と、自動車担当の専門紙記者はみる。最大の不安は北米市場の低迷だ。

05年度上期の北米販売は前年同期比12・7%減の8万848台と下げ止まらない。今やトヨタ自動車、日産自動車、ホンダの3大メーカーですら、利益の7割近くは北米で稼いでいる。競争が激しい国内は儲からないのだ。文字通り「ドル箱」の北米での販売が回復しない限り、安定成長は望めない。ただ、5月に発売した新型スポーツカー「エクリプス」は好調。

ヒットが続けば「北米での日本車は値引きなしに売れるため利益率は高い」だけに、復活は確実になる。【井上学】

【2005年10月31日掲載】


| 考察/ブログ | 17:00 | comments(0) | trackbacks(2)
スポンサーサイト
| - | 17:00 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tukumo.jugem.jp/trackback/29
トラックバック
再生を目指す三菱自の山陽新聞レポートを読んで
昨日トヨタが大きなリコールを発表しました。リコールといえば、三菱自工なのですが、三菱自動車は17日に新型車「アウトランダー」で起死回生を目指しています。その約2年半ぶりの新型車に命運を託し、奮闘する従業員の取り組み、再生にかける思いをレポートが製造さ
| ヤガマニアとMy-favoritethings | 2005/11/15 11:25 PM |
三菱自動車 アウトランダー効果?
ホットストック:三菱自動車が新高値、東証1部で出来高第1位2005年10月25日火曜日14:20JST [東京 25日 ロイター] 三菱自動車がしっかりとなり、20日に記録した年初来高値279円を更新した。14時03分現在、同社株は東証1部で出来高第1位。きょうに関し
| ヤガマニアとMy-favoritethings | 2005/11/15 11:27 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Google
LINKS
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
投資苑2 トレーディングルームにようこそ
投資苑2 トレーディングルームにようこそ (JUGEMレビュー »)
アレキサンダー・エルダー, 長尾 慎太郎, 山中 和彦
RECOMMEND
投資苑 − 心理・戦略・資金管理
投資苑 − 心理・戦略・資金管理 (JUGEMレビュー »)
アレキサンダー エルダー, 福井  強, Dr. Alexander Elder
RECOMMEND
RECOMMEND
億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術
億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術 (JUGEMレビュー »)
メアリー バフェット, デビッド クラーク, Mary Buffett, David Clark, 井手 正介, 中熊 靖和
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK