九十九研究所@企業コレクション〜じゅげむ本店

〜企業コレクターの情報ストックブログ〜
<< 現代考えられているキャリアについて考えるテスト投稿 | main | <経団連次期会長>御手洗キヤノン社長の就任内定 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
東証1部企業の配当額、過去最高更新へ 新光総研調べ
http://www.asahi.com/business/update/1105/028.html
 何か投資家の為と言うより自らの保身の為だけのような気がする(自分だけ?)

■以下記事

 東京証券取引所第1部の上場企業の配当総額が06年3月期は約4兆3000億円となり、過去最高だった前期の3兆8680億円を上回る見通しであることが、新光総合研究所のまとめで分かった。好調な企業業績を背景に増配や復配をする企業が目立つうえ、敵対的な買収を防ぐ狙いもあって株主還元の姿勢が一層強まっているようだ。

 3月期決算企業のうち金融を除く約1300社の通期の配当見通しを10月31日時点で集計した。9月中間期の配当総額は前年同期比22.7%増の1兆6448億円となる見通し。

 業績は引き続き好調だ。11月2日までに中間決算を発表した289社を合わせると連結経常利益(一部単体を含む)は同11.0%増え、通期予想も6.1%の増益となっている。鉄鋼など素材産業に加え、小売りや不動産も大幅な増益の見込み。原油高などのリスクは残るものの、通期は全社合計で4期連続の増収・経常増益となる可能性が高い。

 同研究所の倉地晃広クオンツアナリストは「本格的な企業買収の時代を迎えて、株主価値を高めるため、利益還元の動きを加速させているのではないか」と指摘する。
| 時事・ニュース | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tukumo.jugem.jp/trackback/31
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Google
LINKS
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
投資苑2 トレーディングルームにようこそ
投資苑2 トレーディングルームにようこそ (JUGEMレビュー »)
アレキサンダー・エルダー, 長尾 慎太郎, 山中 和彦
RECOMMEND
投資苑 − 心理・戦略・資金管理
投資苑 − 心理・戦略・資金管理 (JUGEMレビュー »)
アレキサンダー エルダー, 福井  強, Dr. Alexander Elder
RECOMMEND
RECOMMEND
億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術
億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術 (JUGEMレビュー »)
メアリー バフェット, デビッド クラーク, Mary Buffett, David Clark, 井手 正介, 中熊 靖和
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
みんなのブログポータル JUGEM